介護で使う医学用語

介護で使う医学用語解説

介護に必要な医学用語を解説します。
医学用語は意味や読み方が難しいものが多く混乱しがちです。
介護の場面で直面する医学用語を集めてみました。



体温測定




基本知識

バイタルサインという状態を表す数値は、通常は体温・血圧・呼吸数・脈拍の4つです。
最も一般的であり、すぐに計れるのが体温ではないでしょうか。
体温は体の中の温度ですが、一般的に腋下(えきか、わきの下)で計ります。


体温というのは、体の中に炎症があれば上昇し、血液の循環不全等で低下します。
体の中で起きていることを簡単に知ることが出来るのが体温といえます。


必要な物品

体温計(電子式あるいは水銀式)、記録用紙、療養者の平常体温の情報。


手順

・測定前に体温計を消毒綿等で拭きます。
・体温測定は、入浴・食事・運動の直後は避けて、なるべく平常時を選びます。
・わきの下の汗をふき取ります。
・測定前に5分間くらい腕を胴体につけておいてもらいます。
・体温家を体の前方から、身体の垂直軸に対して45度も角度で入れ、皮膚に密着させます。
・設定された時間で、測定します。
・測定結果を用紙に記録し、本人や家族にも報告します。




サイトMENU

Copyright (C) 2011 介護で使う医学用語解説. All Rights Reserved.