介護で使う医学用語

介護で使う医学用語解説

介護に必要な医学用語を解説します。
医学用語は意味や読み方が難しいものが多く混乱しがちです。
介護の場面で直面する医学用語を集めてみました。



骨折


骨に何らかの力が加わって、ひびが入ったり折れたりした状態のこと。
高齢者が転んだときに骨折することが多いので注意が必要。 骨折したことが疑われるときは、動かさないようにして患部を冷やす。



主な症状と注意点

骨折した箇所が腫れて皮下出血や変形が見られる。
患部を指で押すと強い痛みがある。
患部から離れたところに力を加えると、骨折した部分に痛みがある。


原因

一般的には、転倒や衝突などの外傷による。 中には疲労骨折や病的骨折がある。


治療方法

ギプス等によって固定する。
場合によっては手術することもある。
固定して4〜10週間後からリハビリテーションを行う。


予防対策

家や施設の段差をなくして転倒しないようにする。
ウォーキングや体操によって筋力を増強する。
また、ストレスや不安がないように配慮する。



サイトMENU

Copyright (C) 2011 介護で使う医学用語解説. All Rights Reserved.