介護で使う医学用語

介護で使う医学用語解説

介護に必要な医学用語を解説します。
医学用語は意味や読み方が難しいものが多く混乱しがちです。
介護の場面で直面する医学用語を集めてみました。



心不全


心臓に欠陥があって、必要な血液量を心臓が送り出せない状態のこと。
急性心不全と慢性心不全がある。
顔のむくみや息切れが現れる。


主な症状と注意点

急性心不全の場合は呼吸困難や頻脈になり、重い場合は意識障害となる。
慢性心不全では、倦怠感や息切れがし、食欲不振になる。


原因

心臓の障害が原因だが、直接の原因としては、狭心症・心筋梗塞、あるいは炎症や不整脈である。 他の疾患である、貧血や腎不全から心不全となることもある。


治療方法

急性心不全は、集中治療で絶対安静となる。 薬の投与や酸素療法を行う。


予防対策

介護施設の場合は、医師から要介護者の情報を得ておく。



サイトMENU

Copyright (C) 2011 介護で使う医学用語解説. All Rights Reserved.