介護で使う医学用語

介護で使う医学用語解説

介護に必要な医学用語を解説します。
医学用語は意味や読み方が難しいものが多く混乱しがちです。
介護の場面で直面する医学用語を集めてみました。



心筋梗塞


心臓に血管が血液を送っている冠動脈が何らかの原因で詰った状態。
心臓の筋肉が正常に動かなくなる。
不整脈などが起きる。
この病気を持っているよう介護者がいる場合は発作が起きたときの対処方法を確認しておくこと。


主な症状と注意点

発作が起きたときは胸に強烈な痛みが30分以上続く。
胃が痛いとか背中が痛いと訴えることもある。
高齢者の場合は、特に心臓とは関係ない部分が痛いと言う場合がままある。
痛みだけではなく、呼吸困難になることもあり。ひどい場合は意識を失う。


原因

冠動脈内のコレステロールが血管をふさぐとか、血の固まりが血管を通って冠動脈で詰ったりして、ふさがれた場所から先に血液が流れなくなる。
血液が届かなくなった部分は酸欠となり機能しなくなる。


治療方法

軽い場合には薬物療法で対処する。
詰った箇所を広げて再び血液を通すようにするときにはカテーテル療法を行う。
再開できないときは、バイパス手術を行う。


予防対策

根本の原因となる、コレステロールや動脈硬化にならないように気をつける。
そのためには、肥満や高血圧に注意して改善する。
水分摂取や適度な運動を欠かさないようにする。



サイトMENU

Copyright (C) 2011 介護で使う医学用語解説. All Rights Reserved.