介護で使う医学用語

介護で使う医学用語解説

介護に必要な医学用語を解説します。
医学用語は意味や読み方が難しいものが多く混乱しがちです。
介護の場面で直面する医学用語を集めてみました。



肺結核


結核は細菌が原因で人から人へ感染するが、結核菌が肺に感染して炎症を起こすと肺結核となる。
咳が長引いているときには、注意したほうがよい。


主な症状と注意点

全身に倦怠感があり、37度前後の微熱が長期間続く。
寝ているときに大量の汗をかく。
咳が出て、長い器官続く。


原因

原因は結核菌である。
空気中の結核菌を吸い込むことによって感染するが、必ずしも発病するとは限らない。
施設での集団感染も要注意。


治療方法

投薬を行う。
強力な薬剤がある。
イソニアジド・リファンピシン・ピラジナミド・エタンプトール、の4種類ある。


予防対策

普段の生活を規則正しくして、過労や睡眠不足にならないように注意する。
換気をして、室内の空気を清潔に保つ。



サイトMENU

Copyright (C) 2011 介護で使う医学用語解説. All Rights Reserved.