介護で使う医学用語

介護で使う医学用語解説

介護に必要な医学用語を解説します。
医学用語は意味や読み方が難しいものが多く混乱しがちです。
介護の場面で直面する医学用語を集めてみました。



胃潰瘍・十二指腸潰瘍


自分の胃壁から出る胃酸で、胃や十二指腸を傷つけて起こる。
胃に負担をかけないような食事になるように注意する。


主な症状と注意点

胃潰瘍は食後1時間くらいから痛みが出て、十二指腸潰瘍は空腹時に痛みがある。
かなり強い痛みがあり、悪化してくると吐血や下血がある。
血の色は黒くてコーラの様な色。
痛みを我慢しないで病院で治療すること。


原因

不規則な食生活やストレスが原因となることが多い。
ピロリ菌が原因となるケースもある。
薬の副作用によることもある。


治療方法

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は胃酸が壁を刺激する事により発生するため、胃酸の分泌を抑える薬を使用する。
症状が落ち着いた後にピロリ菌を除去する。


予防対策

規則ただしい食生活を心がける。
暴飲暴食をしない。
完治後は再発しないように、刺激のある食事を避け、しばらく薬を飲み続ける。



サイトMENU

Copyright (C) 2011 介護で使う医学用語解説. All Rights Reserved.