介護で使う医学用語

介護で使う医学用語解説

介護に必要な医学用語を解説します。
医学用語は意味や読み方が難しいものが多く混乱しがちです。
介護の場面で直面する医学用語を集めてみました。



黄疸

黄疸とはビリルビンという色素が何らかの原因で血液中に増加し、その結果、全身の皮膚や粘膜に過剰に沈着した状態をいう。


主な症状と注意点

眼球の白い部分が黄色く見える。
全身の倦怠・疲労感、皮膚のかゆみ(掻痒)、感冒様症状、 発熱、尿の色が濃くなる、などの他の症状を伴う。


原因

黄疸は、通常は肝炎や肝硬変などの肝臓の病気がある場合、あるいは胆汁の排泄経路である胆管系に異常がある場合にみられる。
血液の中に含まれる赤血球が破壊される(溶血)場合にも出現する(溶血性貧血)。


治療方法

内科的な治療を行うか外科的な手術を行う。



サイトMENU

Copyright (C) 2011 介護で使う医学用語解説. All Rights Reserved.