介護で使う医学用語

介護で使う医学用語解説

介護に必要な医学用語を解説します。
医学用語は意味や読み方が難しいものが多く混乱しがちです。
介護の場面で直面する医学用語を集めてみました。



糖尿病

インスリンの分泌が減少し血糖値が高くなる。
合併症に注意が必要。
食事と運動のコントロールが重要で、介護者の役割は大きい。


主な症状と注意点

初期は自覚症状がないので発見しにくい。
病状が進行すると、倦怠感や体重減少等が現れる。
また高血糖により、多飲や発汗、あるいは意識障害が見られる。
合併症が発症しないように身体や部屋を清潔にしておくこと。


原因

様々な原因がある。
自己免疫の異常が原因の場合は1型。それ以外の原因によるときは2型という。
2型の原因としては、ウイルス感染や肥満がある。


治療方法

1型の場合はインスリン療法。2型の場合は食事療法や運動療法が中心となる。
定期的な検診が必要となる。


予防対策

日頃から適切な栄養を摂り、適度な運動を行って、血糖値の上昇を防ぐ。
倦怠感が続いたり、急に痩せてきた時は医師の診断を受ける。



サイトMENU

Copyright (C) 2011 介護で使う医学用語解説. All Rights Reserved.