介護で使う医学用語

介護で使う医学用語解説

介護に必要な医学用語を解説します。
医学用語は意味や読み方が難しいものが多く混乱しがちです。
介護の場面で直面する医学用語を集めてみました。



乳がん

乳腺組織の上皮細胞が悪性化して出来る。
悪性化した細胞は周囲の正常細部を破壊しながら増殖していく。


主な症状と注意点

乳房にしこりが出来る。
乳房の皮膚にひきつれや発赤が出来る。
わきの下のリンパ腺がはれる
介護者は介助のときに乳房のしこりやひきつれに注意すること。


原因

原因は良くわかっていない。
50代での発症率が高く、60を過ぎると徐々に発生率は減少していく。
閉経年齢の遅い女性の確立が高いというデータがある。
家庭内の乳がん患者がいる場合の発症率は高い。


治療方法

患者の状態に応じていくつかの方法がある。
手術や放射線治療や抗がん剤治療等。


手術後の介護方法

リンパ液の流れが悪くなり腕がむくみやすくなるため、出来るだけ腕に負担を掛けないようにする。
入浴時には傷を強くこすらないように気をつける。



サイトMENU

Copyright (C) 2011 介護で使う医学用語解説. All Rights Reserved.